一人ではアフィリエイト作業に限界を感じてきたので、それを外注化するための作業日記。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

源泉徴収票を要求された

この前、外注さんの一人から、「確定申告をするので、源泉徴収票を発行してください」というメールが届きました。
こういった要求は、初めてだったので、ちょっと焦りました。

私が報酬として支払っている金額からは、源泉徴収の10パーセントは引いていません。
毎回、全額を振り込んでいます。

でも、私は「源泉徴収義務者」になっていません。

▼「源泉徴収義務者」の詳細はこちら
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

国税庁のこのページによると、

個人で、以下の二つのいずれかに当てはまる人は、源泉徴収をする必要はありません。

(1) 常時二人以下のお手伝いさんなどのような家事使用人だけに給与や退職金を支払っている人

(2) 給与や退職金の支払がなく、弁護士報酬などの報酬・料金だけを支払っている人(例えば、サラリーマンが確定申告などをするために税理士に報酬を支払っても、源泉徴収をする必要はありません。)

と書かれています。

私は個人でアフィリエイトをやっているので、誰も雇用していません(毎月給料を支払っている社員はいないということです)。
なので、そもそも源泉徴収をする義務が無いのです。

外注さんには、この旨をきちんと説明しておきました。
すると、自分で確定申告と所得税の支払いをします、と納得してくれた様子でした。

将来的に法人化する場合は、源泉徴収義務が発生するので、気をつけないとなりませんね。
まぁ、いつになるかは分かりませんが。。

日記

ニュースサイトからコピペされた

この前、外注さんに、「○○という感じで記事を書いてください」と依頼しました。
快くOKしてくれて、数日後に記事が完成。

でも、記事をチェックしていると、何だが様子がおかしい。
最初の3~4記事は、ちゃんと自分の言葉で書かれていました。

それ以降は、文章の感じがちょっと違う。
おかしいと思って、文字列を検索窓に入れたら、同じ文章がニュースサイトにありました。

ニュースサイトの記事をコピペして、文末だけを修正していました。
見つけた瞬間は、ちょっと脱力&軽い怒りが込み上げてきました。

でも、これでは報酬が払えないので、外注さんにメール連絡しました。
「この文章はニュースサイトからのコピペですよね」「自分の文章でちゃんと書いて修正してください」と、正直に伝えました。

すると、すぐに返信があって、修正した記事を送ってきてくれました。

まぁ、ちゃんとチェックしないと、外注さんも手を抜いてしまうと思うので、きちんと教育することは大切だなぁ、と思いました・・・。

日記

新しい作業は順調

先週、外注さんに依頼した新しい作業。

最初のメールで反応してくれたのは数名だったけど、もう一度「やっていただけると助かります」と催促のメールを送信してみたら、OKしてくれる人が増えた。
これで、新しい仕組みが少しずつ動いてくれることになった。
楽しみ。

それと、外注さん募集の新しい方法は、まだ準備が整っていない状態。
考え直してみると、ちょっとした問題点も見つかったりしているので、もう少し煮詰めないとならない。

はやく外注募集もやりたいのだけど、サイト作りや手直しに時間をとられて、なかなかできない。
困った。

日記

新しい作業の依頼

今日は、外注さんに新年の挨拶メールを送信して、その中に新しい作業の依頼も書いておいた。

何人かからは、すぐに返信があって、「検討します」と言ってくれた。
去年の年末から色々と準備をしておいた案件なので、外注さんに手伝ってもらえるとうれしい。
この仕組みが上手く動いてくれるといいなぁ、と思った。

ちなみに、外注さんの募集も、今年はちょっと新しい方法を試していく予定。
外注募集サイトを利用するのもいいけど、反応が悪くなっていると感じるので、思いついた良い方法は積極的に試していこう。
良い人が応募してくれるといいなぁ。

日記

外注さんの単価アップについて

外注さんの単価アップについては、段階的にやってあげてます。

最初は1記事100円、次は120円、その次は150円、という感じ。
上限は特に設けていないので、最初の単価の数倍を設定している外注さんもいます。

単価アップのタイミングについては、外注さんの能力に応じてやっています。
丁寧に書いてくれる外注さん、毎回違うジャンルの記事を書いてくれる外注さんなど、頑張ってくれているなぁ、と思ったら、アップしてあげています。

反対に、仕事が遅い外注さん、ミスの多い外注さんについては、単価アップはあまりしていません。
1年以上、安い単価でお仕事をお任せしている人もいます。

それに、自分から「単価を上げてくれ」と連絡してくる人もいます(実際に今までに2人いました)。
こっちが「次回からアップしてあげよう」、と思っていたのに、先に催促されると心象が悪いです。

なので、こういった人はアップしていません。
お金のことを考える前に、作業をきちんとして欲しいと思うからです。

日記

外注さんがネットで活動

この前、外注さんが書いてくれた記事で作ったサイトのアクセス解析を見ていたら、見慣れないリンク元があった。

リンク元を確認してみたら、某サイトでその外注さんが活動していた。
その外注さんが個人でブログをやっていることは知っていたけど、他でも色々と活動していたことにビックリ。
ネットの一部では、ちょっと有名な存在になっているっぽかった。

文章を書くことを仕事にしているわけだから、色々と自分の作品を書いているのだろう。
色々な意味ですごいなぁ、と思った。

僕も負けずに頑張ろう。。

納品

記事のチェックが大変

何名かの外注さんに記事作成をお願いしているのだけど、必ずと言って良いほど、納品時期が被ってしまう。
昨日と今日で、約80記事ほど納品された。
作成を依頼した日はバラバラなのに。

おかげで、チェックするのが大変。
まぁ、空いた時間にやるから良いのだけど、チェックも意外と大変。

でも、自分で80記事書く方が大変なので、気合いを入れてチェックするしかない。
がんばろう。

日記

自分勝手な外注さん

最近は、外注さんが自分勝手なことが多い。

例えば、色々とアイデアを出してくれるけど、仕事が遅くてなかなか納品してくれない人。
失業保険の対象者になったから、就職先が決まるまで無期限でお休みさせてくれ、という人。
月に30記事の納品をお願いしているのに、月に10記事しか書いてくれない人。
などなど。

まぁ、お金を払っているので、あまり自分勝手に仕事をしないで欲しいなぁ、と思う。
メールで注意すれば、きちんとやってくれるのだけど、もうちょっと常識を持って欲しいなぁと思う。
みんな社会人なワケだし・・・。

日記

鬱の人が多い

最近もまた、某サイトを通じて外注さんの募集をした。

その結果、5人の方から応募があった。

試しに採用したのは、そのうちの3人。
1人は連絡が来なくなり、もう1人は辞退した。

この5人のうち、鬱をテーマに記事を書きたいと言ってきたのは、2人。
まぁ、書いてくれるのはいいのだけど、鬱をテーマにサイトを作っても、あまり稼げないのでちょっと困る。
仕方ないので、やんわりと断って、違うテーマで書いてもらうようにしています。

現代社会は鬱が多いと聞いているけど、本当に自称「鬱」の人が多いなぁ、と思った。
これらの人は本当に鬱なのだろうか?
自分の都合の良いように、鬱と言っているだけなのだろうか?

まぁ、一緒にお仕事をしてもらうのだから、採用するなら鬱じゃない人の方が断然良いのだけど…。

日記

外注さんから連絡が来なくなったら?

ゴールデンウィーク前に、新人の外注さんに記事作成を依頼しました。

でも、ゴールデンウィークが明けても、1週間以上が経過しても、連絡が来ませんでした。

それほど急ぎの仕事ではなかったので、昨日、催促のメールを送ってみました。
その結果、すぐに返事が来ました。
連絡が来なかったのは、学生さんなのでテスト勉強を頑張っていた、とのこと。

まぁ、仕方ありませんよね。
なので、今月中に納品をお願いしました。

そしたら今日になって、すぐに記事が納品されました。
昨日の夜と、今日の午前中に頑張って仕上げてくれたようです。
これにはかなり感動しました。

外注さんから連絡が来なくなったら、まずは優しく催促してみることが重要ですね。
それでも連絡が取れなければ、電話をすれば良いわけです。
まだそこまでしたことはありませんが…。

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。