一人ではアフィリエイト作業に限界を感じてきたので、それを外注化するための作業日記。

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備作業

アフィリエイトは外注化しています!

僕がアフィリエイトを外注化したのは、2010年。
アフィリエイターとしては、かなり遅めだと思います。

でも、外注化をして良かったと思っています。

その理由は、

・自分では詳しくないジャンルの記事が上がってくる
・記事作成の時間が短縮される
・手持ちのサイトやブログがガンガン増える
・外注さんと仲良くなって、色々な話が聞ける

などなど。

反面、外注費用はかかってしまいますが、一度やってみると、意外と簡単で誰にでも始められます。
それに、記事以外にも、サイトを作ってもらったり、旅行へ行った際に写真を撮影してもらったり、など色々と応用もできます。

外注化を迷っているなら、今すぐにでも始めた方が良いでしょう!

ちなみに僕が外注化を始めたきっかけは、知り合いのアフィリエイターが既に外注化をしていたから。
その知り合いに相談したら、とても良いマニュアルを教えてもらいました。
最新!外注サイト製作スターターキット【ベルトコンベア式サイト製作工場論】」というマニュアルです。

これをひと通り読んで、自分なりに書き換えれば、すぐに外注さんを募集できます。
かなり素晴らしい内容ですよ。
スポンサーサイト

募集

前払いを理由にして応募してくる人に注意

最近も毎月、ちょこちょこと外注さんの募集をしています。

でも、志望動機を読んでいると「この人はちょっと・・・」と思うことがあり、すぐにお断りするケースも増えています。

個人的に一番注意しているのは、「報酬が前払いだから」「すぐにお金が必要だから」などと書いてくる人。

確かに、募集サイトの説明文には「報酬は前払い」と書いています。
でも、それだけを理由に応募してくる人は、やはり質が低いです。
過去にはコピペ記事を納品されたこともあるし、前払いした後に逃げられたことさえあります。

それに、志望動機にお金のことを書くというのは、少し常識がありません。
普通だったら、「私にはこんなことができる」とやる気をアピールするはずです。
それが当たり前です。

ということで、すぐに外注さんが欲しいと思っても、選考はきちんと行いましょう。

募集

毎月応募があります

最近は、自分で外注さんの募集サイトをいくつか作ってみました。

そのうちの一つが、比較的上位表示されてきたので、たまに応募が入ります。
毎月、数名の方が応募してくれます。
今月も既に1人を採用しました。

以前は、在宅ワークのサイトに掲載依頼をしていましたが、今はほとんどしていません。
なので、自分でスキルがあるなら、募集サイトを作ってみるのも良いかもしれませんね。

意外と意識の高い方が応募してくれたりして、やってよかったなぁ、と個人的には思っています。

反対に、コピペ記事を納品した人もいたので、注意する必要はあります。
その人には、即刻辞めてもらいましたが・・・。

日記

仕事ができる外注さんの話

最近、新しく採用した外注さんは、文章作成の経験者なので、かなり完成度の高い文章を書いてくれます。

今回は、その外注さんから聞いた話です。

その人は、3年ほど在宅で文章作成の仕事をしていたそうです。
色々な会社で、記事を書いたり、ブログを作成したり、データ収集をしていたそうです。
中には、最初に教材を買わされそうになった、という詐欺まがいの会社もあったそうです。
これはちょっとダメですね。

それに、単価が少しずつ上がっていたのに、突然、会社側から仕事量を減らすと言われて、今までどおりに稼げなくなったと言っていました。
僕としては、これだけ完成度の高い記事を書いてくれる優秀な人なのに、もったいないと思いました。

僕は今までに、外注さんの単価を上げたり、仕事量を増やしたことはありますが、単価を下げたり、仕事量を減らしたことはありません。
多少は赤字になったとしても、サイトやブログの数が増えれば、長期的にそれなり稼げるからです。
外注さんに支払うお金は月に数万円なので、ガンガン仕事をしてもらった方が絶対に良いはず。

でも、僕としては、こんな優秀な外注さんがウチで仕事をしてくれて、とても良かったと思っています。
それに早速、単価アップもしておきました。
長く続けてくれることを期待しています。

日記

逃げられた外注さんのその後

前回の「報酬を前払いして逃げられた外注さん」の話。

組戻の手続きを依頼した銀行から、回答がきました。

その結果は、以下のとおり。

------------------------------

振込先金融機関様より、組戻不可との回答がございました。

不可理由:受取人と連絡取れず

------------------------------

銀行でも連絡が取れなかったというのは、完全に逃げられてしまったということです。
前払いしたお金は返ってきません。
諦めるしかありませんね。

ただ、この人の住所は分かっているので、後で機会があれば訪れてみようかなぁ、と思っています。
行って行けない距離ではないので・・・。

でもなぜ、連絡が取れなくなってしまったのか、理由が知りたいです。
事故や事件に巻き込まれたわけではないだろうし・・・。

日記

報酬を前払いして逃げられた

外注さんには報酬を前払いしていますが、今までは必ず納品してくれる方ばかりでした。

でも、今回初めて、外注さんに報酬を前払いして逃げられたので、そのことを書きます。

その人は、フリーターの20代女性。
最初のテスト用記事は、とても良く書けていたので、すごく期待をしていました。
そして、初回の数十記事は、無事に納品完了してくれました。
このレベルの記事が書けるなら、報酬をドーンとアップしてもいいし、長期間続けて欲しいと思いました。

次の記事を依頼して、まず最初の10記事程度が送られてきました。
チェックしてOKだったので、100記事分の報酬を前払いしました。

そしてそのまま、1ヶ月が経過。
1ヶ月以内の納品をお願いしているので、催促メールを送信しました。
でも、1週間待っても返信なし。

その後も2回ほど、催促メールを送りましたが返信なし。
ケータイに電話しても、出てくれません。
この時点で、完全に逃げられたと思いました。

仕方ないので、報酬の振込に使った銀行に連絡して、組戻の手続きを行いました。
組戻の手続きをして相手の同意が得られれば、振込したお金は戻ってきます(手数料はかかりますが)。

今はその組戻の返事を待っているところです。
きっと戻ってこないとは思いますが、何もしないより、相手にプレッシャーを与えられるのでいいかなぁ、と思いました。
腹は立ちますが・・・。

日記

自費出版の経験者に注意

今日は久しぶりに、外注さんに対して腹が立ったので、それについて書きます。

その外注さんは、自費出版の経験者です。
ほぼ無名の作家なので、様々な会社で文章を書く仕事を請け負っているようです。

僕のところでも、2年間ほど作業をしてもらっています。
でも、催促しないと納期がどんどん遅れます。

コピペをするな、あまりに膨大なテーマの記事は選ぶな、と何度も指示していますが、約束を守ってくれません。
他の主婦などの外注さんに比べて、本当に仕事のやり方がひどいです。

先月、ブログに投稿してもらった記事も、半分以上はコピペでした。
自分で書いた文章は、1記事につき3行ほどしかありませんでした。
当たり前のことですが、コピペはNGです。
著作権侵害になってしまいます。

なので、その外注さんに今日は本気で注意しました。
すると、数時間後に、開き直りとしか考えられないメール返信がありました。
他にもコピペしているサイトがあるからいいだろう、というようなことが書かれていました。
反省する様子は全く見られないので、この外注さんには辞めてもらうことにしました。

また、僕のところではもう一人、自費出版の経験者の外注さんがいます。
この人も仕事のやり方が自分勝手で、何度注意をしても、同じミスを犯します。

ということで、僕はもう自費出版の経験者や自称・作家の卵の人は、新規で使わないことに決めました。
作家の卵というような人たちは、楽しんで文章を書いていないと思います。
苦しみながら、文章を書いているのだと思います。

主婦の人の方が、本当に楽しみながら作業をしてくれている印象を受けます。

日記

仕事ができない外注さんは切り捨てる

僕がアフィリエイトで外注さんを使い始めてから、約3年ほどが経過しました。

3年前に作業を依頼してから、今でも続けてくれている外注さんは、4人もいます。
とってもありがたいことですね。

でも、続かずに辞めていってしまった人もたくさんいます。
最近は、作業ができない人に期待するよりも、新しい外注さんを見つけた方が早いな、と思うようになりました。

それに、仕事ができない外注さんは、切り捨てるようにしています。
以下のような人には、注意が必要だと思います。

・自称「鬱」
・すぐに単価アップを要求してくる
・連絡が遅い
・月に1回の連絡が来ない
・自費出版の経験がある
・マニュアルをきちんと読んでくれない
・メールではなく電話連絡をしてくる

某有名なアフィリエイターさんが、「使えない外注は害虫」と言っていましたが、まさにその通りだと思いました(笑)。

日記

今年初めて連絡が来た外注さん

今日、メールチェックをしていたら、今年初めて連絡が来た外注さんがいました。

こっちから、正月休み明けに「今年もよろしくお願いします」と送っておいたのに、ずっと無視されていて、やっと今日になって連絡が来ました。
メールには、「昨年は、お世話になりました。今年も宜しくお願いします。」なんて書かれていました。
1ヶ月ほど、時間がズレていると思います…。

まぁ、あまり使えない外注さんなので、それほど期待はしていません。
このまま連絡が来なければ、クビの宣告をしようと思っていたところです。

最初の数ヶ月はきちんと仕事をしてくれても、その後がダメな人はもうダメですね。
単価もアップしてあげたのに、頑張っている様子が伺えません。

外注さんの良し悪しは、数ヶ月は使ってみないと分からないので、なかなか大変ですね…。

日記

久しぶりに応募が来た

今日は、久しぶりに外注スタッフの応募が来ました。
記事作成の経験のある女性だったので、すぐにテスト用の記事を書いてもらうことにしました。

でも、今回の応募について、募集サイトに広告掲載はしていません。
検索エンジンから、外注スタッフ募集ページへアクセスがあり、そこから応募してくれました。

最近は募集サイトに掲載しても、応募は少ないから、これはうれしい。
なので最近は、新しく募集サイトを作ったりして、外注さんの応募を増やす努力をしています。

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。